言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

WordPressプラグイン

WordPressプラグイン「Contact form7」で自動返信メールを設定する手順

投稿日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

このブログは「Contact Form 7」というプラグインを使って問い合わせフォームを設置しています。

しかしながら、今まではフォームから問い合わせをした時に自動返信メールが送信される状態ではなかったため、改めて設定をし直しました。

ということで、ここでは「Contact Form 7」で自動返信メールを設定するために行った手順の流れを説明します。

 

「Contact Form 7」で自動返信メールを設定する

それでは、以下に「Contact Form 7」で設置した問い合わせフォームに自動返信メールを設定する流れを説明していきます。

 

設定手順

まずは、WordPress管理画面のメニューから「お問い合わせ」をクリックします。

そして、すでに設置してある問い合わせフォームの編集画面を表示します。

(もしこれから新しくフォームを作成する場合には「新規作成」をクリックします。ただし、ここではコンタクトフォームの新規作成に関する詳しい手順は割愛します)

そうすると、以下のような画面になるので「メール」タブをクリックします。

次に、表示された画面を少し下にスクロールすると「ファイル添付」の下に「メール(2)」という項目があるので、その下の「メール(2)を使用」にチェックを入れます。

そして以下のような画面が表示されたら、この中の必要な部分を編集していきます。

  • 送信先:自動返信メールの送信先、つまりユーザーが入力したメールアドレスになるためデフォルトの[your-email]のままで問題ありません
  • 送信元:自動返信メールの送信元となるメールアドレスを入力します
  • 題名:自動返信メールの件名を入力します(デフォルトのままにする場合には、ブログ名とその後の部分([your-subject])にユーザーが入力した題名が入ります)
  • 追加ヘッダー:空欄のままで問題ありません
  • メッセージ本文:自動返信メールに記載するメッセージの内容を入力します([your-name][your-massage]といったメールタグを使うとユーザーの名前や問い合わせ内容を表示することができます)

必要な項目の入力を行ったら、画面左下の「保存」をクリックします。

そして、以下のように「コンタクトフォームが保存されました」と表示されたら完了です。

 

テストメールを送信する

上記の設定が完了したら、実際にブログの問い合わせフォームからテストメールを送り、自動返信メールが問題なく送信されるかどうかを確認します。

そして、そこで「問題なく送信先のメールアドレスに自動返信メールが着信すること」、また「メッセージの内容に問題がないこと」が確認できたら設定完了となります。

 

まとめ

以上、「Contact Form 7」を使って自動返信メールを送信する方法についてまとめました。

「Contact Form 7」を使うと簡単にブログに問い合わせフォームを設置することができますが、基本的なフォームを設置しただけではきちんとメールが受け付けられているのか不確かさが残ります。

またもしメールアドレスの入力に誤りがあった場合には返信もできないということになりますが、自動返信メールを返す設定にしていれば、問い合わせをした内容がユーザー側に残り、またメールアドレスの入力誤りを防ぐことにも役立ちます。

設定も簡単に行えるのでおすすめです。

関連コンテンツ

-WordPressプラグイン

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.