言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

ポータブルアプリケーション

Google Chrome・Operaポータブル版インストール方法

投稿日:2016年8月21日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

他の記事でUSBメモリにインストールしてFirefoxを持ち歩ける「Firefox Portable」について紹介しました。

同じことがGoogle ChromeやOperaでも可能になっていますので、今回はGoogle Chrome・Operaのポータブル版を使用する場合の手順について紹介します。

【参考記事】USBメモリにFirefoxを入れて持ち歩ける「Firefox Portable」

「Google Chrome Portable」をインストールする方法

それでは、初めにGoogle Chromeのポータブル版をインストールする手順を説明します。

 

インストール手順

まずは、以下のページにアクセスします。

Chrome Portable

「Google Chrome Portable」と書かれた画面が表示されるので、「Download 59.0.3071.115」という緑色のボタンをクリックし、セットアップファイルをダウンロードします。

なお、上記とは別にベータ版のものも提供されているようですが、通常使用するには上記のバージョンのもので良いかと思います。

 

そじて、ダウンロードが完了したらセットアップファイルを開きインストールを行います。

セットアップファイルを実行し、以下のメッセージが表示されたら「OK」をクリック。

GoogleChromePortableインストール 言語選択画面

ライセンス契約書が表示されたら「同意する」をクリックします。

GoogleChromePortable ライセンス契約書画面

次にインストール先を選択する画面が表示されます。「参照」ボタンをクリックしUSBメモリの任意フォルダを選択。フォルダを選択したら「インストール」をクリックします。

GoogleChromePortable インストールフォルダ選択画面

するとインストールが開始されます。

しばらくして以下の画面が表示されたら完了です。

GoogleChromePortable インストール完了画面

 

インストール後の操作

上記の流れでインストールが完了した後は、USBメモリ内のインストール先として指定した場所に「GoogleChromePortable」というフォルダが作成されています。

そして、そのフォルダを開くと「GoogleChromePortable.exe」というアイコンがあるので、そのアイコンをダブルクリックしてブラウザを起動することができます。

拡張子はパソコンの設定によっては表示されない場合もあります。

なお、ブックマークなどを同期する場合には、Google Chromeの「設定」を表示し「Chromeにログイン」というボタンから自身のGoogleアカウントでログインします。ここで同期するデータを選択することができるので、必要なデータを選択して同期が完了すると、普段のブラウザと同じように使用することができます。

 

「Opera Portable」をインストールする方法

次に、Operaのポータブル版です。

Opera Portableのセットアップファイルをダウンロードする際は、以下のページを表示します。

Opera Portable Edition

一番上に表示されている緑色のボタン(Download46.0.2597.32)をクリックしてダウンロードします。

(ダウンロード以降の手順はGoogle Chrome Portableをインストールする場合と同じになるため、詳しくは省略します)

セットアップファイルをダウンロード、実行してインストールが完了した後には、Chromeと同じようにOperaのアカウントでログインし、ブックマークを同期することができます。

【参考記事】:Operaのアカウントを作成して複数の端末間で使用するための設定手順

 

まとめ

Google ChromeやOperaをカスタマイズして普段使っている人は多いかと思いますが、使用しているブラウザのポータブル版を入れておくと外出先で急に利用したい場合にも便利ですので、参考に活用してみてください。

-ポータブルアプリケーション

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.