言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

ブラウザの設定・拡張機能

Chrome・Firefox・Operaで直前に閉じたタブを簡単に復元する方法

投稿日:2016年6月21日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

今回の記事では、直前に閉じたタブを復元してもう一度閲覧するための操作手順を各ブラウザ(Google Chrome・Firefox・Opera)ごとに紹介します。

ブラウザのメニューから直前に閉じたタブを復活する手順

インターネットを使って調べものをしている時に、ブラウザの一つのウィンドウに何枚ものタブを表示して閲覧しているということはよくあることかと思います。

とはいえ、その状態でタブを切り替えながら画面を見ていると「間違って必要なタブを閉じてしまった」また「さっき閉じたタブの内容をもう一度参照したい」ということも起こり得ます。

そんな時に、簡単な操作で直前に閉じたタブを復元する手順を以下に紹介していきます。

 

操作手順

それでは、ブラウザに「Google Chrome」・「Firefox」・「Opera」を使っている場合の操作方法をそれぞれ説明します。

 

Google Chromeの操作

  1. (再表示したいタブを表示していた)ウィンドウに現在開いているタブの中からいずれか一つを右クリック
  2. 次に以下のようなメニューが表示されるので、その中から「閉じたタブを開く」をクリックする

Google Chromeで直前に閉じたタブを復元する時の操作

以上の操作で復元することが可能です。もしくは、「Ctrl」+「Shift」+「T」を押下することでも同じ操作をすることができます。

 

またブラウザのメニューではなく「SimpleUndoClose」という拡張機能を使って過去に閉じたタブを復元することもできます。この拡張機能を使うと、直前に閉じたタブだけではなく、それ以前に閉じたタブ(保存件数は任意で設定可能)も含めて簡単に復元することが可能となります。

 

 

Firefoxの操作

Firefoxの場合も、Google Chromeとほとんど同じ操作手順となります。

  1. 開いているタブの中からどれか一つのタブを右クリック
  2. 表示されたメニューの中から「閉じたタブを元に戻す」をクリック

Firefoxで直前に閉じたタブを元に戻すための操作

 

Operaの操作

Operaも同様に、以下の手順で操作をすることができます。

  1. 開いているタブの中からどれか一つのタブを右クリック
  2. 表示されたメニューの中から「最後に閉じたタブを開く」をクリック

 

Operaのウィンドウで最後に閉じたタブを復元する時の操作

 

なお、上述したGoogle Chromeの拡張機能「SimpleUndoClose」をOperaに追加して過去に閉じたタブを復元することも可能です。ただしこの場合には、あらかじめOperaでChromeの拡張機能を使用できるようにするために「Download Chrome Extension」をインストールしておく必要があります。

 

 

まとめ

ここで挙げた操作は簡単ではありますが、調べものなどをしている時など役立てられる場面は多いかと思います。もしまだ使ったことがないという場合には便利なので試してみてださい。

-ブラウザの設定・拡張機能

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.