言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「圧巻」の意味と使い方・例文・「圧倒」「壮観」との違いまとめ

投稿日:2017年9月11日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

「圧巻」(読み方:「あっかん」)という言葉は、「~が圧巻だ」などの形でよく使われています。

優れたものやある作品の優れた部分についていう場合に使われている語ですが、具体的にどのような時に使うことができるのか、また混同した使い方をされることがある「壮観」「圧倒」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「圧巻」の意味と使い方、また「圧倒」「壮観」との違いについて説明していきます。

 

「圧巻」の意味と使い方・例文・「圧倒」「壮観」との違い

それでは、以下に「圧巻」の意味と使い方、また「圧倒」「壮観」との違いを説明します。

 

語源・意味

まず「圧巻」には、以下の意味があります。

書物・劇・楽曲などの中で、最も優れている部分。また、勢ぞろいしたものの中で最も優れているもの。出色(しゅっしょく)。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「圧巻」

つまり、「本や劇などの中で他と比べて秀でている部分」「揃っている多くのものの中で一番優れているもの」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「圧巻」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「今日の映画は予想外の結末に驚かされた。ラストの思いも寄らないどんでん返しはまさに物語の圧巻だ」
  • 「この本は最後まで読まないと面白さが分からない。終盤でそれまでに散りばめられた伏線がつながって一気に事件が解決していく展開はストーリーの圧巻だ」
  • 「見せ場となるカーチェイスで、猛スピードで逃げる犯人を主人公がすごいパワーと執念で追い詰めていく場面はその映画の圧巻だった」
  • 「今日のイベントにはいろんなアーティストが登場したが、中でも歌唱力のある彼の歌が圧巻だった」

ポイント

上記のように、「圧巻」は本などの中で一番優れた部分や傑出した作品などについていう時に「~は~の圧巻だ」などのように使われています。「圧巻の景色」「圧巻の迫力」のような言い方をされることもありますが、この場合は本来の使い方とは異なります。

 

「圧倒」「壮観」との違い

ここからは、使い方が混同されることがある「圧倒」「壮観」という語との違いについて見ていきます。

まず、「圧倒」「壮観」には以下の意味があります。

  1. かけはなれてすぐれた力や威力で他を押し負かすこと。
  2. 《多く「-される」の形で》優れた力や威力を見せつけられて、驚きや感動を覚える。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「圧倒」

規模が大きくてすばらしいこと。また、その眺め。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「壮観」

そして、これらの語と「圧巻」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「圧倒」:「彼のプレゼン資料は構成や配色、配置に至るまで他の候補者を圧倒していた」(≒「彼のプレゼン資料は構成や配色、配置に至るまで他の候補者よりもはるかに勝っている」)、「彼の堂々としていて説得力のあるプレゼンに圧倒される」(≒「彼の堂々としていて説得力のあるプレゼンに驚きを覚える」)
  • 「壮観」:「その高台から見下ろす景色は壮観だ」(≒「その高台から見下ろす景色は規模が大きく素晴らしい眺めだ」)
  • 「圧巻」:「今日のコンサートは素晴らしかった。特にクライマックスに向けて壮大に盛り上がっていくところは今日の演奏の圧巻だ」(今日のコンサートは素晴らしかった。特にクライマックスに向けて壮大に盛り上がっていくところは今日の演奏の中でもひときわ優れていた)

ポイント

つまり、

「圧倒」は「段違いの力で他よりも優位に立つこと」「抜きん出た力を見せつけられて驚くこと」(優れた力で他を打ち負かす、威圧感を与えることいったニュアンスがある)、

「壮観」は「素晴らしい眺め」(景色についていう時に使う)、

「圧巻」は主に「作品や催しなどの中で最も優れた部分」(本や催し物などの中の秀でた部分、多くのものがある中で最も優れたものについていう)

を表すという違いがあります。

 

まとめ

以上、「圧巻」の意味と使い方、「圧倒」「壮観」との違いについてまとめました。

この言葉は、「作中で最も優れた部分」「集まっている中で最も優れているもの」のことをいい、「(演目中)の圧巻」「(~の部分)が圧巻だ」などのような形で使われています。

また「壮観」は「壮大な眺め」のことをいい、大きな規模の素晴らしいい景色についていう場合に使います。

そして「圧倒」は「抜きん出た力で他を打ち負かすこと」「優れたものを見て驚きを覚える」ことをいい、「彼の演技に圧倒される」などの形で使うことができます。

これらの語は同じような使い方がされることもありますが、それぞれ異なる意味があるので、適度な場面で使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.